Top 海外日本人選手>香川真司 ;>ドルトム香川、名実ともにドルトムントの盟主となる
2011年02月15日

ドルトム香川、名実ともにドルトムントの盟主となる


日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011(仮) [DVD]
日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011(仮) [DVD]

年明けから2勝3分と、いまいち勝ち点を伸ばしきれずにいるドルトムントですが、22節が終わった時点では、2位のレヴァークーゼンに勝ち点差10のアドバンテージがあるので、大騒ぎするほどのタイミングではないと思いますが、昨年は順調に勝ち点を積み重ねていたチームが、急ブレーキ気味に停滞し始めたというので、ドイツではなく、フランスのレキップ紙が、早速危機感を煽りはじめました。 で、レキップにも書かれているのが、香川の存在。 アジアカップの韓国戦で負った骨折により、今季の出場は絶望とされたので、チーム2位の得点を誇る香川の抜けた穴は、優勝の二文字を揺るがせるほどの大きな影響があった、とは書いてませんが、『香川もいないから厳しいよね』みたいなことが書かれてます。 レキップ紙にまで、チームの要と認められた香川は、やっぱり凄いです。


ただ、
12月13日の第16節ブレーメン戦に勝った時点では、勝ち点差が11だったので、停滞とも言い難い気はしますが、2勝3分の成績を停滞としてみても、3分けの試合に勝ちきれなかった理由は、香川の抜けた穴というよりも、シーズンの疲れが出てきていると考えるのが普通と思います。 なので、香川がいない分、他の選手に負担は掛かりますが、それは『ひとりが、1.1人分の働きをすれば大丈夫!』の理屈で片付けられるし、そもそも10人で戦っているわけじゃないので、香川が抜けた穴はそれほど問題視することじゃないように思います。 香川は凄いが、ドルトムントの他の選手も凄いので。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
posted by 秋日晴雄 at 23:53 | 埼玉 ☀ | 海外日本人選手>香川真司 このエントリーを含むはてなブックマーク

最近の記事