Top 日本代表 ;>選考メンバー間の格差が気になるところだけれど、一番気になるのは…
2011年01月30日

選考メンバー間の格差が気になるところだけれど、一番気になるのは…





キリンチャレンジカップ2011 チケット検索結果


アジアカップ2011 Champion

アジアカップ2011。 決勝戦で日本が延長の末、オーストラリアを1−0で下し優勝。 史上初の4度目となるアジア王者になりました。 ザッケローニ監督率いる日本代表選手のみなさん、おめでとうございます。 そして、ありがとうございました。


さて、DF陣の不安を抱えたまま戦い続けた日本代表ですが、最後の最後まで、ヤキモキさせる戦い方でした。 決勝戦では川島の孤軍奮闘に助けられたとしか言えないくらいに、防衛ラインを次々と突破されるさまは、心臓に悪かったです。 ただ、DFの常連がいない状況で迎えた今大会は、南アフリカ大会のDFを10とするならば、初戦で3くらい。 徐々に数値をあげて、最終的には決勝戦で6くらいまで到達したように思います。 勝手な数値ではありますが、その信頼性は倍増していると見ることだって出来たりもします。 とくに、吉田、今野、岩政に関しては、連携こそ不十分ではありますが、個々としての実力は発揮できたのではないでしょうか。 自身の力を発揮できるようになってから、周りとの連携を考える余地が生まれるのでしょうから、今大会で各自が力を発揮できたことは、今後の可能性を十分に示してくれたように思えます。 ひきつづき、彼らの成熟を見守りたいです。

そして、優勝はしましたが、今大会を通じて思い知らされたのは、選手間の力の格差。 香川、長谷部、本田、遠藤、長友、川島等の活躍は言うに及びませんが、彼ら以外で、試合にスタメン出場した選手の力量は大会結果に値するものと思います。 ところが、ときどき出場した選手の質が、スタメン出場の選手たちとは、かけ離れすぎてました。 そのため、準決勝ではすんでのところで追い付かれるし、決勝では多彩な攻撃をなかなか披露できなかった気がします。 それは、出場した選手の責任というよりも、やはり選手を選んだ監督の責めによるところが大きいです。 大会前にメンバーを選考するとき、いろんなシチュエーションを考慮してから選んでいるとは思いますが、結果的には代役としての務めを果たせずじまいに終わっているケースを散見しました。 今後は、その辺も含めてのチーム作りをお願いしたいところです。


で、話しは変わります。
いま、日本代表は近年にないほどの盛り上がりを見せています。 選手側が協会に対する要求事項をキッパリと言い切れるほど、選手は結果を出しています。 選手と協会とが処遇に関して揉めているのは、決して喜ばしい事じゃありませんが、そういうことを言えるだけの背景(十分な結果)が出来あがったことは、日本のサッカー界にとって、とても明るい話題であることは間違いありません。

そして、南アフリカ大会が終わり、監督が交代してからここまで、ほとんど触れられていないんじゃないかと思いますが、いまの立派な日本代表チームが出来あがるまでにもっとも貢献しているのは、だれあろう、犬飼前日本サッカー協会会長であるという事実。 アジアカップで優勝できたのはザッケローニ監督と選手の力。 そのザッケローニを代表監督に招聘したのは、原博美技術委員会委員長。 原博美さんを技術委員長として呼んだのが犬飼さん。 また、南アフリカ大会前に崩壊した日本代表の監督を、世論に流されず岡田監督に託したのも犬飼さんでした。 つまり、犬飼前会長の人選と、選んだ人を信頼する気持ちとが、いまの誉れ高い日本代表を作ったともいえるのです。

私は、アジアカップで日本代表が優勝したいまだからこそ、日本サッカー協会のみなさんに、日本のサッカー界には何が必要で、何を見直さなければならないのか?を真剣に考えていただきたいと思います。









人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
posted by 秋日晴雄 at 23:44 | 埼玉 ☁ | 日本代表 このエントリーを含むはてなブックマーク

最近の記事