Top 日本代表 ;>攻撃の変革に追いつけない守備たち。
2011年01月26日

攻撃の変革に追いつけない守備たち。


日本代表 キリンチャレンジカップ他のチケット情報⇒サッカー日本代表のチケット情報

サッカー日本代表  2011年カレンダー

AFC_ASIAN_CUP2011_Australia.PNG

アジアカップ準決勝の日本対韓国の一戦は、引き分け。 トーナメントで戦っているから、やむなくPKという大会ルールで次の舞台に進むチームを決めただけのこと。 主審のPKジャッジも結果的にはお互い様だし、どちらも同じような決定機はあった。 どちらも最後の一振りを決められなかった。 ただ、90分だけに特化して比較するならば、世間ではあまり見かけないジャッジのおかげから1点を得た韓国と、パスと飛び出しによって相手DFを切り崩し、かつ、前田が少しでもシュートを打ちやすいようにと、ギリギリのところまでボールを持って相手DFを引き寄せてから、最後のパスを出してフィニッシュ、という美しいプレーで魅了してくれた日本代表とでは、やはり地力に差が生まれているとは思う。

日本代表の攻めのスタイルは、正直、かつてないほどに嬉しかったし感動した。 『この形をやれる』、そう思わせてくれた時点で、なぜだか勝った気になってしまったのは観ているこちらの油断なのだろう。 選手からはそんなことを微塵も感じなかった。

このように、日本代表の決定力不足は解消されている。 これまで散々『決定力が足りない』とぼやいてきた以上、決定力が解消されているいまの日本代表は、それだけで称賛に値すると言ってもいい。 願わくば、これから先もこのままの決定力を維持してほしい。 縦横無尽な切り崩しは世界ランク29位以上の価値がある。 欧州の主力や南米にだってヒケをとらない。 ピッチで落ち着いてさえいられれば、いつでもどこでもあの攻撃を発揮できるだろう。 相手の早いプレッシャーにも物怖じせずに落ち着いて対処している姿は、頼りがいがある。 だから、常にピッチで落ち着いていられるように、世界の舞台で培う経験はこれからも積み重ねてほしい。 直近ではコッパアメリカという南米の素晴らしい大会に参加できる。 それらを考えると、日本代表はワールドカップ南アフリカ大会に出場し、結果を残したことで明るい道が拓けたのだろうと思う。 あの大会が、これほど大きな意味を持っていたとは、正直想像もしていなかった。


しかし、懸念もある。

守備だ。 攻撃がスピードアップして多様化が実現したいま、守備が攻撃の変革についていけてない。 とくに真ん中二人。 今大会は、それまでCBを務めていた中澤と闘莉王は出場していないが、彼ら二人であったとしても、守備の脆弱性は解消できないと思う。 攻撃のスピードが上がったことによって攻撃に携わる選手の切り替えがとても早い。 さらには、相手がカウンターを仕掛けてきた場合、ボランチの選手は攻撃から反転してすぐさまディフェンスライン上に乗る動きをする。 事実CBと同列で守備に参加している姿をよく見かける。 しかし、はたしてそれで良いのだろうか。 ボランチがCBのカバーリングに入るのならば何も問題はないと思うが、ボランチ自信が直接的な守りの対応をしているというのは、よろしくないと思う。

他には、相手がサイドから上がってきたときに、DFラインが整っているシーンを散見した。 普通ならば、統率されたラインで素晴らしいはずが、今回の試合で悪かったのは、視線だ。 視線がボールにくぎ付けになっていたように思う。 あれでは、相手の上がってくる選手への対応は遅れる。 遅れるだけならまだしも、素早い攻撃を仕掛けられれば、そのままフリーでシュートを打たれかねない。

このように、いまの日本代表が攻撃偏重になっていることは否めない。 点を取ってなんぼのスポーツだから、攻撃力が上がることには何も問題はないが、点を取れるようになれば、次は点を取られないようにするのが課題となる。 守備の課題を克服できるのは簡単ではないだろうから、時間はかかるだろう。 けれども、攻撃を減らして守備を増やすようなことをするのであれば、守備の課題はあせらなくても良いのかも知れない。 もっとも守護神川島の負担が増えるのは少し心許無いが。


ともあれ、いよいよアジアカップは決勝の舞台を迎える。 
決勝を戦う相手のオーストラリアには、なぜか元浦和レッズ監督で、ひと頃オシムの後任とも言われたオジェックが居たりする。(冒頭の写真) 

完全ホームのカタールとアジアの強敵韓国を下した日本と、最近低調なイランと完全格下であろうウズベキスタンを破ってきたオーストラリアとでは、今大会の結果だけで比較するのは難しい。 オジェックが日本のことをどれだけ憶えているのかはわからないが、日本代表キャプテン長谷部誠がレッズにいた時、オジェックもまたレッズにいた。 オジェックはドイツ人で、日本代表の主軸に育った長谷部、香川はドイツのクラブに所属している。 情報戦では、多少なりともオーストラリアに歩があるとも言える。 とはいえ、日本代表はまだまだ成長中であるから、戦前の情報を覆すような事実は多々あると思うから、アジアカップ2011の優勝は、そう遠くないだろう。 ただ、韓国戦で香川の動きがイマイチに感じたのと、本田が地味すぎる気がするので、そのあたりが決勝に向けて、多少気がかりなところではあります。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
posted by 秋日晴雄 at 23:21 | 埼玉 ☁ | 日本代表 このエントリーを含むはてなブックマーク

最近の記事