Top 日本代表 ;>悲劇の地でトラウマ克服を叫ぶ
2011年01月23日

悲劇の地でトラウマ克服を叫ぶ


アジアカップ香川モデル
アディダス 予約 F50 アディゼロ X-TRX SG ワーニング×ブラック×ホワイト
アディダス 予約 F50 アディゼロ X-TRX SG ワーニング×ブラック×ホワイト



アジアカップ。
スタジアムこそ違いますが、私ら日本人ならだれもが忘れることのできない地、ドーハで、カタールを破ってくれた日本代表。 あの時の相手はイランで、今回はカタールだったけれど、なんとなく地理が精神に与える影響というのは有ると思うから、この勝利は、日本代表史においてとても大きな意味を持つと思います。


で、大会はというと、初戦のヨルダン戦と次のシリア戦を観る限りでは先が思いやられそうでしたが、サウジとの一戦で大勝。 けど、今度は違った意味での不安が湧いてきました。 結局のところは、それも思いすごしだったようで、準々決勝のカタール戦では、なかなかの撃ち合いを制して準決勝進出を決めてくれました。

なかなかの撃ち合いと表現したのは、やはり急造CBコンビの不安定さによるものです。 試合数をこなしても最終ラインの不安定さに変化は少なく、一方で、前線の槍突きは鋭さを増しているから、攻守で相殺。 故に今の得失点であり、槍突きのほうが少し優れてるおかげで、完全なるホームだったカタールから勝利をもぎ取れました。

で、その攻撃の中心にいるのはドルトム香川。 予想通りの活躍をしてくれてます。 というか、彼のポジショニングと前に進もうという意思は、観ていてこれほど清々しいものはないくらいなので、観戦が楽しい。 もちろん香川が孤軍奮闘しているわけじゃなく、岡崎や長谷部がいてこその香川になってます。

で、いまの代表を動かしているのは、香川、長谷部、川嶋。 彼らが、ポジション通りにチームの背骨になって、代表チームをがっちり支えてます。 その背骨を軸とした戦いが展開されているので、安定した結果となっているのでしょう。 もっとも、背骨に例えるならば、腰椎の3番目だか4番目だかが砕けてる状態ともいえるので、腰に爆弾を抱えたチームとも言えるかもしれないです。 けど、いまはそれでもいいと思う。 下手に完成しちゃうと、そのまま進歩が止まる場合もあるので、どこかに脆さを抱えながらというほうが、チーム内に緊張感漂い続けるから、いまは多少の脆さがあるのもいいと思う。 それに、今大会が始まってからは、毎試合、どこかしらに穴があいてて、その綻びを突かれてヒヤヒヤした気がする。 しかも、その穴は試合ごとに変わっていた気もする。 左の穴を埋めたら右に穴が開いたみたいな。 そういうのが、実は相手に分析させないという副産物的な効果になっているのかも知れないことを考えると、それはそれで面白い気もする。


とりあえずは、DFの、それも真ん中二人の連携を含めた成熟度は一朝一夕になるものではないし、短期間に熟成するようなものじゃないから、今野と吉田のコンビ二人にはフォローが必要で、そこには長谷部が顔を出していたりするから、穴があっても、そんなに広がらない穴だろう。

そして、何よりも長谷部の存在感が素晴らしい。 役が人を作るという言葉があるけれど、キャプテンという任務が長谷部を大きく成長させた。 ピッチでは攻守にわたって動き回り、時折見せるロングシュートは、決まらなくとも相手に与えるプレッシャーは相当のものになるし、あそこで打つことを選べる彼の決断力は近年の日本代表には無かった。 ピッチの外においても、長谷部の存在感は日増しだ。 とくに、彼のインタビューは常に真摯なコメントを残している。 勝っても浮かれずに、勝って兜の緒を締める言葉は、選手のモチベーションを維持する役割を果たしている。

長谷部誠がチームの中心で喝を入れる。 そんなチームが良い。

前線の攻撃は、一見するとブラジルライクでフリーダムな動きに見えなくもないが、実は選手間で緻密に練られている雰囲気もチラホラ見え隠れしているので、彼らの能力の高いことが容易にわかる。

全体としていまの日本代表は、良くも悪くもバランスが取れている。 アジアカップは残すところ2試合。 準決勝と決勝だから、優勝するためには穴をふさぐ必要がある。 アジアの大会だから、もしかしたら勢いで勝ちぬけるかもしれないが、その先のコッパアメリカ2011でアルゼンチンにフルボッコされないためには、ここらで一つの形を残すのが望ましい、と思う。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
posted by 秋日晴雄 at 01:30 | 埼玉 ☁ | 日本代表 このエントリーを含むはてなブックマーク

最近の記事